日々の、句読点。



クリエイターズマーケット

先週の日曜に、acoさんにお誘いいただいて、名古屋ポートメッセで開催される
クリエイターズマーケットに行って参りました。

クリエイターズマーケットとは、趣味でものづくりをしている素人さんから、
すでにお店に商品を納めているプロまで
とにかく「創作が好きだ」という方々による、フリーマーケットです。
ジャンルはイラストから陶芸、木工、書、あみぐるみ、ビーズアクセサリーなどなど。
洋服やネイルのブースもありました。
f0019385_7223513.jpg

(会場内はこんなかんじ。けっこう着物姿の方もいらっしゃいました。)

acoさんは二度目、わたしは初参加。
どのお店も作り手のこだわりや愛情が伝わってきて、
思わず足を止めてじっくりと見入ってしまいます。
気分はまるで宝探し。
そんなに広い会場ではないのですが、ランチをはさんでひとまわりするのに
四時間もかかりました。
f0019385_7223539.jpg

(こんな謎のお面も・・・。)

私が買ったのは、ハイヒールのチャームの付いた携帯ストラップと、
ろうけつ染めの文庫カバー。
それからポストカードをいろんなところで10枚ほど。
ポストカードは、飾ってよし、送ってよしで実用せいがある上に、
一枚100円か150円とお安いのでついつい手が伸びてしまいますね。
f0019385_7223550.jpg

(こちらが文庫カバー。微妙な色合いがすてきで、麻の手触りもよいです♪)

それから消しゴムはんこのお店で、オリジナルはんこをオーダーしました。
サンプルの中からこけしのようなかわいい男の子のはんこをを選んで、
それを自分の髪型にアレンジして、おなかに「や」と名前を一文字いれていただきました。
手紙や葉書の署名の横に押そうと思います♪

なんとお値段は、はんこ200円+送料80円…安過ぎやしませんか!?
今から届くのが楽しみです。

あと、パーソナルカラー診断(20分1800円)を受けてみました。
ブースの中にある姿見を見ながら、様々な色の布を顔の下に当てていき、
似合う色=肌がきれいに、いきいきと見える色を探すものです。

以前ファンデーションの色を決めるために、カバーマークで肌色診断を受けたのですが、
ブルーベース、イエローベースのどちらとも判断できないと言われたことがあり、
自分のカラータイプが春夏秋冬のどれなのか、ずっと気になっていたんです。

今回診断してくれたお姉さんも、かなり迷われましたが、黄色みのあるの色の方が
肌の質感がつるんとして見えるから、イエローベースですと結論を出してくれました。

そこからさらに春か秋のどちらのタイプかを診断していきます。
赤色ひとつとっても、明るい春の赤と深みのある秋の赤とは全然違うんですよね。
acoさんも一緒に見てくれて、どっちが似合うかと三人で真剣に鏡に見入りました。

結果…

「強いて言えば秋」とのことでした。

色によってピンクなら春、青なら秋と似合う色がまちまちだということが、
実際に色を当ててみて初めて分かりました。
しかしこの微妙な色味の違いを見分けて服を選ぶのは、至難の業かもしれない…(苦笑)

特に秋の色でも彩度の高い、深みがあって鮮やかな色がよいとのこと。
見ていただいた中では、

アイリス(アヤメの花の紫)
ターコイズブルー(緑みの深い青)
オレンジ(鮮やかな橙)
の三色が印象的だったとのこと。

普段はそこまではっきりした色だと、派手になりそうに思ってあまり着ていませんでしたが、
これからはうまく取り入れていきたいな~。
冬場なら、オレンジ色のストールなんかを差し色で使うといいのかも。

こうしてまた物欲が刺激されるのですね…。
あなおそろしや。
[PR]
# by xxyasukoxx | 2006-11-16 07:22 | 雑記

モニカの抹茶パフェ

f0019385_1723159.jpg

先日、毎年恒例の学生時代のサークルメンバーの集まりがありまして
秋の京都へ行って参りました。

まだ紅葉には早い時期でしたが、なじみの仲間たちと
なつかしい風景をのんびり巡るのは、放電効果抜群ですね。

今回はみんなと合流する前に、蹴上から哲学の道を通って
法然院までひとりでひたすら歩いてみましたが、
山が近く空気が澄んでいて本当に気持ちがよかった。
やっぱり自然の中に身をおくとほっとしますね。
普段はビルの中から一歩も出ずに仕事してますからね…。
そのことをストレスだという自覚はなかったのですが、
自然と触れずにいると、知らずに心が感動を忘れて
ぎすぎすしてしまうのかもしれないな、などと思いました。

さて、写真のパフェは仲間内では京都の洋菓子屋ナンバーワンとの誉れ高い
「モニカ」の抹茶パフェ(¥1000)です。

ここのケーキは季節ごとに新作が並び、どれも美味しそうで
いつもいつも、ショーケースの前でうんうん唸りながら決めてます。
時には決めきれずに、ふたつ頂いてしまうことも…σ(^-^;)

この日は暑かったので、はじめてパフェを選んでみたのですが、
これがめちゃめちゃ大きい!
高さ20センチはある円柱形のグラスに、アイス(抹茶、黒糖、きなこ)やゼリーがぎっしり。
中には栗や白玉、カボチャプリンが隠れていて、嬉しくなっちゃいます。

ほんっとに美味しいのですが、この量は…二人分あるね。
みんなにつついてもらいつつ、完食しました~(-з-)=3
[PR]
# by xxyasukoxx | 2006-11-12 17:23

レ・フレール

ドラゴンズ、負けちゃいましたね・・・。

わたくし、会社帰りに最後の2戦を、ドラファンの聖地「ピカイチ」にて
テレビ観戦、猛烈に応援いたしましたが、力及ばず。

・・・思い出すとテンション下がるので、あまり多くは語りませんが、
とにかくリーグ優勝という感動と喜びをくれた選手の皆さんたち、
ほんとうにおつかれさま!でした!!

ちゃんと優勝パレードは見にいきますよ。



さて、そんな傷心な私のハートを射抜く人物に、唐突にめぐり合いました。

ぼんやり観るともなしに観ていた「笑っていいとも」の再放送映像。
ゲスト出演した、兄弟によるピアノデュオ「レ・フレール」の弟くん・・・!!
ええええーーーカッコイイ!!笑顔カワイイ!!

f0019385_22423249.jpg


さらりとした涼しげな美形、細いながらも筋力のありそうな肢体。
大の男がふたりぎゅうぎゅうしてピアノを楽しげに弾く様も、ほほえましく。
たいへん私の好物です。

音楽、ましてや歌のないピアノ演奏というものに、
これまでまったく興味もなければ造詣もない私でしたが、
はじめて彼らのデビューアルバム「ピアノ・ブレイカー」なら、買ってみようかしら?
などと、浮かれている始末です。
それより、ちゃんとしたデッキを買わなきゃねぇ・・・。
あんなちーこいラジカセで聴いたのでは、申し訳が立ちません。

f0019385_22425343.jpg


【レ・フレール】
レ・フレール は、フランス語で「兄弟」という意味。

2002年9月3日、斎藤守也(兄)と斎藤圭土(弟)の兄弟によるピアノユニット
「レ・フレール」を結成。
もともとプレイスタイルの違う兄弟は、守也が得意とするバラードと圭土が
得意とするブギーにレ・フレールテイストを加えることでこれまでピアノが持っている
イメージを新たなものにする独自のスタイルを生み出した。

二人が作曲・演奏のなかで重視しているのは『和』。
「調和」であり、「協和」であり、「響和」とも呼べる響き合う音は、
鍵盤から生まれ出る一つの波動となって表現され、聴く人の心、魂を揺さぶる。
また、1台のピアノを2人で自在にダイナミックに操る独自のプレイスタイルは
これまでの「ピアノ観」を覆す。

「ピアノが歌い、踊りだす・・・」そんなことばがぴったりな熱いサウンドは、
子供からあらゆる年齢層まで楽しめるソウルフルな空間を創り続けている。
[PR]
# by xxyasukoxx | 2006-10-29 22:48 | 雑記

ドラ納豆

f0019385_7354357.jpg

うちの冷蔵庫から、ドラゴンズリーグ優勝記念の納豆発見∑( ̄口 ̄)
やっぱこれで販売率上がるんかなぁ…
現にうちも買ってるしな(笑)

昨日、名古屋駅地下を歩いていましたら、ういろうの「とらや」にもありましたよ、
優勝記念ういろうが…!

なんとそれは白ういろうの地に、紫色のブルーベリーういろうで
ドラゴンズの「CD」マークを書いたものでありました。

以前確かに季節限定でブルーベリーういろうなるものを見かけたような
記憶はありますが、あまり食欲はそそられず(-"-;)

ドラゴンズカラーの青に一番近い色ってことで考案されたのでしょうが、
数量限定と銘打ってある割には、午後二時過ぎでも残ってましたよ?

がんばれ、とらや!
がんばれ、ドラゴンズ!!
[PR]
# by xxyasukoxx | 2006-10-16 07:35

優勝だ!!

f0019385_894119.jpg

ついについにやりました!!
東京ドームで自力優勝です。

運の悪いことに今日に限って会社に客人があり、
夜おつきあいする羽目になりまして…。
一次会が終わり次第、同僚の待つ栄のバリハイに行く予定でしたが、
試合展開が早くて、いつ決まってしまうか気が気ではありませんでした。
地下鉄の駅から走って到着したのが、10回裏。
試合は3対3のまま、チャンスをものにできず苦しむドラゴンズ。
観ているこちら側まで、緊張感が伝わる、息詰まる戦いでした。

このまま引き分けるか、それともサヨナラか…
イヤな考えが観客の頭をよぎりはじめた12回。
投手岩瀬を後ろに控えた谷繁。
ここで打てなかったら、切り札の岩瀬に代打を送ることになるかもしれない、
ぎりぎりの場面に、まさに執念の一打!

岩瀬はバントができずに三振に取られたものの、
続く荒木、井端が連続ヒットで1アウト満塁に。
そして、勝負を決めたのはやっぱりこの男でしたね。
福留の一打によって、待望の勝ち越し点が入りました。

大きな大きな一点に、すでに店内は、席を立ち上がってのお祭り騒ぎ。

しかしドラマはこれだけでは終わりませんでした。
なおも満塁のチャンスに、主砲タイロンウッズ。
飛び出したのはまさかまさかの、満塁ホームラン!!

『優勝』のひともじが、はっきりと見えた瞬間に、
もう観客は知らないもの同士も抱き合っての大歓声。
飛び上がりすぎ、叫びすぎで12回裏の店内にはそこはかとない疲労感が(笑)
あまりに劇的な展開に、みんなすでに放心状態でしたね。

最後は言うまでもなく岩瀬がぴしりと締めて、ゲームセット!
スクリーンの前で、私たちも胴上げに参加です。
後半戦、阪神に追いつめられての苦しい戦いでした。
追われるプレッシャーの中で気持ちを切れさせなかった選手たちに
心からの「おつかれさま」と「ありがとう」を届けたい。

今日の勝利の礎は、キャンプでの猛練習にあったと、
落合監督は語る。

何もかもが手軽で便利。
マネーゲームで一攫千金を手にできる社会の中で、
汗を流し歯を食いしばって積み上げる努力と
あきらめない強い気持ちこそが、最大の結果をもたらすことを示してくれたようだった。

人生、山あり谷あり。
決して良いことばかりが続かないけれど、逃げてはいけない。
どん底だと諦めてしまったら、そこでゲームセットなのだから。
[PR]
# by xxyasukoxx | 2006-10-11 08:09

ギネス記録達成!

昨日10/8は、わが地元西尾市の一大イベントの日でございました。
ギネス記録に挑戦の「まちなか一万人大茶会」です。

会場はなんと一般道路。笑
車道を封鎖し、通りに赤いカーペットを敷き詰めての野点(といっていいのか?)です。
参加登録人数は、なんと約1万6千人にも及んだとのこと。
一万人で締め切るはずだったのが、予想以上に申し込みが殺到したため、
人数集めのために事前に参加を要請されていた小中学校には、
参加取り消しになったところもあるとか・・・。えらいことです。
f0019385_0221340.jpg

通りの様子。
車道も歩道も人・人・人。
こんなに地元に人間が集まったのを見たことがないです・・・。

向かい合わせに座ったもの同士がお茶を点てあい、
市長の「いただきます」の声に合わせて、一斉に一服。

「ごちそうさまでした」の声とともに、会場からは拍手が沸き起こり、
見事ギネス記録が達成されました!

こんな道端で大勢の人間がお抹茶をいただくなんて、
ものすごく絵面的にはまぬけなんですけれども、そんな無謀にも阿呆なイベントを
本気で企画し、準備してくださった方々に拍手喝采を送りたいと思います。
ほんとにギネスだよ~と、私も単純に手をたたいて喜んでしまいました。

「みんなで実現した!」ってかんじ、なんかなつかしいような、
ほのぼのとした気持ちになりました。
やっぱりお茶はいいですね。

さて、イギリスのギネス協会から立会いにこられた方が、イギリス本部と連絡を取り、
その場でギネスブック登録の認定をもらえました。
記録はアメリカの7000人台の記録を余裕で飛び越え、14,718人!!

f0019385_0221386.jpg

せっかくのイベントだからということで、はりきって着物で参加いたしました。

紅葉模様の縮緬の付け下げ小紋
手書きの塩瀬の帯
帯揚げはお抹茶色の地に紅葉が織られているものにしました。

着物姿は髪で完成度がぜんぜん違ってきますので、
セットだけは美容院にお願いしました。
いつもとても普段はショートヘアとは思えないアレンジをしてくださいます。感謝です!
f0019385_0221349.jpg

そしてこれが一万人茶会の参加証です。
わたしは「9941番」です。いぇい♪
[PR]
# by xxyasukoxx | 2006-10-10 00:22 | お買い物

優勝間近だドラゴンズ!

f0019385_8125122.jpg

f0019385_8125192.jpg

昌さんの力投で阪神戦に勝利し、もはやリーグ優勝は揺るぎなくなった
我らがドラゴンズ。

昨日しばらくぶりに栄に出ましたら、街はすっかり応援ムード。
ドラゴンズ応援歌の流れるレコード屋の店先には
こんなかわいい手作りのマジックナンバーめくりが。
(今日はもう5になってますけどね!)
商売っけ抜きでも応援してるぞってかんじで、
大変ほほえましかったので、パチリ。

そして待ち合わせ場所の中日ビルでは、当然のごとく中日広島戦が放映され、
大勢のナゴヤン達が見入っておりました。
三回にウッズのヒットで二点目が入った時は、思わず声に出して喜んでしまいましたね。
やった~!!o(^-^)o

愛しの中田くんに勝ちがつかなかったのは残念でしたが、
最後、代打立浪の劇的サヨナラ打で勝利できたのにはしびれましたね。
実際の中継は帰りが遅くて観られず、母からの解説で知ったのですが(笑)

いやいや、やっぱり頼りになるのはベテランですね。
今期からスタメンからは外れてしまい、
本人の心中はいかばかりか…と心配しておりましたが、
これからもドラゴンズの要として、特大の声援を背負ってがんばって欲しいです。

そういや、アンナちゃんとはどうなってんでしょうね(笑)
[PR]
# by xxyasukoxx | 2006-10-05 08:12

大人専用喫茶店

今日は上半期最後の日。
8時頃で仕事が終わり、このまままっすぐに帰るのもなぁと思っていたら、
先輩のお誘いがかかり、瑞穂区にある「高級喫茶 吉茶」に連れて行っていただきました。

      ***********************

ブルーマウンテン最高級豆を使用し、一杯ずつサイフォンでいれる珈琲は格別。
玄関で靴を脱いでお上がり頂け、ふかふか絨毯の半個室で寛ぎ頂けます。
全18テーブル全て異なる家具となっていますので、
その時々の気分に合わせて選んでいただけます。
大切なお客様との商談・打合せの席としても最適な空間です。
大切な方と大切な時間を過ごすための最高の空間をご用意しておまちしております。

      ***********************

「高級喫茶」とは何ぞや??と驚きましたが、確かに雰囲気もお値段も
銀座の喫茶店を凌ぐ勢いで、看板に偽りなしと納得。

玄関も席もお手洗いまでも、本当にゆったりと作られている上に
建物の中央が空間が設けられ、水面にはフローティングキャンドルのように
ぽつぽつと灯りが揺れて、本当にいい雰囲気。
f0019385_0233912.jpg

メニューにはアルコール類は一切なく、サイドデッシュもサンドイッチとトースト程度。
いくらコーヒー一杯が1200円(!)してしまうとはいえ、
客単価は滞在時間に比べて低かろうなぁ・・・採算は取れてるのか?と、
ちょっと心配になってしまったほどでした。

このお店は名古屋発祥のコメダ珈琲の経営と聞いて、二度びっくり。
チェーン展開されているあのおなじみの店とは、似ても似つかないよ~
コメダ本店もすぐそばにあるし、ここは社長が
「採算度外視で自分の行きたいお店を作っちゃいました」っていうかんじです。

正直、珈琲は1200円という割には、味が薄いというか・・・苦味が強めでしたので、
濃くてまろやかなのが好みな私としては、物足りない気がしましたが、
先輩にオススメされたロールケーキ(一切れ¥800)は美味しかった!
イチゴの入ったシンプルなものなのですが、中に入っている生クリームが
こっくりとした練乳風味なんです。
f0019385_0232062.jpg

夜にお茶だけすることって、なかなかありませんけど、
砕けすぎることがないだけに、お酒を飲むよりも大人気分になるものですね。

ささやき声でも会話できてしまう、静かな空間。
けれどもお互いの距離はあくまで保たれたままのシングルソファに身を沈めて。
もっと知りたい、近づきたいと思っているのに、本心は見せずに紳士の顔。
恋はあせらず、じっくり時間をかけて一番美味しいところを味わうもの。

・・・そんな大人の恋のシーンにふさわしいお店なのではないかと。
(妄想にふけってるだけじゃ、ダメなんですがね。)


      ***********************

●高級喫茶 吉茶●
〒467-0022 愛知県名古屋市瑞穂区上山町3-14
地下鉄鶴舞線八事駅 車5分 
地下鉄桜通線桜山駅 車5分 
052-834-1578
10:00~24:00(L.O.23:00)
[PR]
# by xxyasukoxx | 2006-09-30 00:25 | 雑記

涼風に誘われて

すっかり風が涼しくなりましたね。
この季節が一年のうちで一番好きです。

ちなみに好きな順は、秋→初夏→春→冬→夏。
夏と冬のどっちがいい?と聞くと、たいていの人の答えは「夏」。
しかし直射日光に当たると著しく体力を奪われる私には、
冬の身の締まるような寒さの方がいいんですよね。

「寒い寒い」って言いながら、首にぐるぐる巻きにしたマフラーの安心感や、
こたつで丸まって日本茶をすする、あの幸福感。

f0019385_18553298.jpg

さて、秋物を追加しましたので、ご報告を。

ハイネックのニット(TRRAZZO DONNNA)は、写真だと黒っぽくなってしまってますが、
本当は深い紫色です。
袖口のアクセントに小さなくるみボタンが6つ。

素材はキュプラ・カシミヤ・シルクの混紡で、とても柔らかな肌触り。
さらっとしているので、ハイネックでも早い季節から着られると思い、購入しました。
薄手なのでスーツのインナーにもOK。
まずは一枚で綿素材のカーキのスカートに合わせて、出勤です。
f0019385_18553252.jpg

それからもうワンアイテムは、cledevers(クレデヴェール)のマフラーです。
ちょっと気が早いかな?と思いつつ、こういう手作り感のあるものに弱いのです・・・。
両端がお花の形に編まれていて、アクセントにラメ感のある毛糸が使われています。

普段、無地のVネックやハイネックニットなど、プレーンなデザインのものを
着ることが多いので、こういうかわいらしさのあるアイテムを単品で入れて
ちょっと乙女な気分に浸ってみたり。

もうしばし、箪笥の中で待機していてね~。
[PR]
# by xxyasukoxx | 2006-09-24 18:55 | 雑記

祝★ノーヒットノーラン

昨日の中日×阪神戦にて、山本昌投手が41歳1ヶ月で日本プロ野球界最年長での
ノーヒットノーランを達成しました!o(^-^)o
f0019385_12335996.jpg

実は私は始めから試合を観ていたわけではなく、
会社の入っているビルの眼科にコンタクトを作りに行っており、
目薬をもらうため薬局の待合いにいましたら、テレビで野球中継が。
七回の場面でなんと昌さんがノーヒットノーラン継続中というではありませんか!

この瞬間を見逃してはならじと、猛然と階上の事務所へダッシュ!
誰もいない会議室のテレビに向かい、手に汗握って応援しておりました。

あと一回…

あと一人…

アウト一つ取る度に沸き起こる、地鳴りのような歓声。
それはまるで祈りにも似た。

ラストバッター赤星のサードゴロが、一塁守渡辺のグローブに吸い込まれた。

瞬間、昌さんめがけて賞賛の笑みに溢れたドラゴンズナインが駆け寄り
力強く抱き合った。

やった。
よかった。
知らずに目頭が熱くなった。

昌さんのこの一勝は、ドラゴンズの優勝を揺るぎないものにしたと同時に、
全国の同年代の男性諸氏への力強いエールとなったのではないだろうか。

若さだけじゃない。
力だけじゃない。

自分を諦めないこと
努力し続けることが、こんなにも大きな感動を生んだ。

最高にかっこいい41歳に、心からの拍手を贈りたい。
f0019385_12335994.jpg

[PR]
# by xxyasukoxx | 2006-09-17 12:33 | 雑記


上京して1年。さすらいOLのくらしの足跡。
カテゴリ
全体
about me
お買い物
コスメ
本の虫
雑記
パン好き
おでかけ
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧