日々の、句読点。



カテゴリ:コスメ( 4 )


褒めて伸ばす


年の瀬です。
早いもので2007年も今日でおしまい。
2008年は、いよいよ本格的に『三十路の女』としての人生に向き合う年です。

『若さ』という埋蔵資源が枯渇していく中、
いかにして『若さ』に変わる武器を見つけだし、磨いていくか?
そのことを真剣に考えなくてはなりません。

では、自分の持っている『武器』とは何か?
きらびやかな理想を掲げてないものねだりをするよりも、
まず自分の『よいところ』を自覚し、さらに伸ばしていくことが
人まねでないオリジナルの美への近道なのではないかと思います。

私の場合、人様から褒めていただけることと言えば…
『手がきれい』
『爪の形がよい』
そう言っていただくことが多いです。
(顔とかではなく!)

もともとの爪が縦長ラウンド状の形をしており、
丈夫だというのが取り柄です。
指が長く見えるのはそのためかと思われます。

そんなわけで、『手は年齢を語る』とも申しますし、
ハンドケアとネイルにはケアを怠るべからず!と心がけております。

①こまめにハンドクリームを塗る
②ついでにマッサージをする
③マニキュアを欠かさない
④色は手になじむピンクベージュを厳選する
⑤手の動きはできるだけゆっくり丁寧に

特別なことではありませんが、こんなことを心がけています。
ネイルアートは(不器用で)できないし、しません。
アートを楽しむ様はかわいいなと思いますが、
爪を含めた『手』をきれいに見せるためには
爪にばかり注目が集めるよりも
主張が強くない色を乗せた方がよいのではないかなと思います。

個人的には変わった色を塗るの好きなんですけどね~。
ミッドナイトブルーとか、かっこいいし。
学生時代は緑やら紫やらばかり塗っていましたけど、
そういえば誰からも褒められた記憶がない(笑)

おしゃれ自己満足上等!

ではありますが、やはり大人の女としては社会性も必要かなと…。
若いうちはよくても、今では『悪目立ち』以外の何者でもなく。
人としての『信用度』や『バランス感覚』までマイナスされては、
せっかく手間ひまかけたことが台無しです。

f0019385_1902887.jpg

愛用のO.P.Iのネイルカラーたち。
写真で見ても肉眼で見ても、同じような色に見えますが、
塗ってみると、赤みが強かったり、白っぽかったりと、微妙に色合いが違うので、
季節や気分で変えています。
f0019385_1902839.jpg

オススメのトップコート『Seche Vite』
ディスカウントのコスメショップで偶然購入したのですが、
とにかく乾きが速い!濃度の高い液で厚くつくのに、
すぐに乾いてくれるので、「ぐにっ」といくことがなくなりました♪
f0019385_1902865.jpg

ハンドケアでリピートしているのは、『ボザールマニュアン/カシー化粧品』
「日本一リピートされているハンドクリーム」というPOPを見て
「そこまでおっしゃるなら・・・」とだまされたつもりで買ってみたのですが、
(お値段は1000円ちょっと)これがよかった!
さらっとしているのに潤い感が高く、その上無臭。
お値段も優秀だと思います。


   + + + + +


2008年は、『人に優しく、自分にも優しく』を目標に掲げ、
みんなでいいところを伸ばしあっていけたらいいなと思います。

一年を振り返ってみると、今年は新しい仕事の担当が増え、
外部の方々との関わりを持つ機会がありました。

仕事そのものについては、大抵のことは「当たり前にできる」ようになり、
これからは、どれだけその仕事の相手のことを考え、よりよいアウトプットを出す、
自分の人としてのあり方が試されるステージに入る時だと思います。

『まずは素直に、そして思いやりと誠意を持って。』

今年の最後に、大切な人からいただいた言葉です。

人は急には変われません。
でも自分の中の頑固さと戦いながら、少しずつでも成長していきたい。
そんなふうに思う2007年の大晦日です。
[PR]
by xxyasukoxx | 2007-12-31 19:00 | コスメ

ローラメルシエで春待ちメイク

好きな化粧品のブランドって、決まってますか?

私はスキンケアは定番からあまり浮気はしませんが、
色物には目がないため、素敵な新色を雑誌で毎シーズンチェックしては、
何かしら買ってしまいます。
新しい季節を迎えるための、心の準備のようなものですかね。

このところ、私の中ではルナソルがブームで、アイカラー、チーク、リップライナーと
色物はほとんどルナソルばかり使っていました。

ルナソルの魅力は、さりげないインパクト…でしょうか。
あくまで透明感を重視した肌づくりと、顔立ちを生かす正統派メイクでありながら、
ポイントにラメや偏光パールを効かせる、遊び心が魅力です。

ちなみにグロスの色出しは、やっぱりシャネルが好き!
シャネルの新色は、そのシーズンの流れを作っているの思うので、
買わずとも必ずカウンターまで見に行ってしまいますね。

そんな私の中でこのところブーム到来なのが、ローラメルシエです。

雑誌や口コミでお粉が有名なので、ベースメイクが主力のブランドなのかと
思っていましたが、これがなかなか、色モノもよいのでした。

パッケージもシンプルですし、ぱっと見の派手さはありませんが
色を乗せてみると、とても肌なじみがよいことを実感できます。
f0019385_19443494.jpg

こちらが以前購入したベスもの。↑

・ファンデーションプライマー
・シルククリームファンデーション
・ルースセッティングパウダー

あくまでメイクは本人の顔立ちを引き立てるためのものだという、
コスメフリークになるほど技巧に走り、忘れがちになる基本を思い出させてくれる
そんなブランドではないかと思います。

もちろん好きずきがあることですが、いくら目力が上がるからといっても
目を伏せたときにがっちりアイラインが見えたり、まつげが不自然に太かったりしては
いかにも「塗ってつくりました」な顔になってしまい、
全体としての「きれいな人」の印象は薄らいでしまうのではないかと思います。

先日ローラ専属のアーティストが名鉄に来ると言うことで、メイクサービスを受けてきました。
同年代の男性で、繊細でかわいらしいかんじの素敵な方(*^-^*)

「どんなイメージがいいですか?」と聞かれ、
「オフィスで浮かない、大人のピンクメイク」をオーダーしました。

ピンクはこの春の流行色で、すでに雑誌でも取り上げられていますが、
自分ではこれまであまり使わなかった色なんですよね。

アーティストは、私のオーダーを受けてすぐに、使用するアイテムを
ささっと選び取り、メイクスタート。
f0019385_19443513.jpg

今回使用されたアイテムの中で購入したのは、こちら↑

・アイカラーデュオ(バーガンディー)
・クリームチークカラー(ブレイズ)
・モザイクシマーブロック(ピンク)
・スティックグロス(ローズウォーター)

「ピンクメイク」ということで、もっと明度の高いピンク!ってかんじのアイテムが
並ぶのかと思いきや、意外にもシックな色味ばかり。

目元は、淡いラベンダーピンクのクリームアイカラーを塗ってくすみを払い、
さらに同系色のパールパウダーを乗せて、明るさを出します。
その上から、アイホールにアイカラーデュオの紫がかったベージュピンクを、
目の際にワインがかったブラウンを乗せます。
アイラインは青みがかった紫の水溶きライナーを平筆で細~く入れる、と。
(これがほんとに神業でした・・・自分じゃムリ!)

私は奥二重なので、ピンクのアイカラーって、どうしてもはれぼったくなるのですが、
この色は赤みが少なく、パールも大げさではないので
目元が明るくなるけれども、主張しすぎず、いいかんじ!

チークはピンクではなく、自然な赤みをさすクリームタイプのレッド系を。
その上からモザイクシマーブロックの4色をブレンドして
大きなブラシでふわっと乗せると、ツヤ感が増します。

このモザイクシマーブロックはチーク・ハイライト・アイカラー・ボディグリッターと
マルチに使えるできる奴なのです。

ベージュ系のリップライナーで輪郭をとってから、
明るいローズピンクのスティックグロスにベージュのグロスを混ぜ、
筆で乗せれば、メイク完成!

スティックグロスはとてもなめらかな質感で、乾燥も防いでくれますし、
ぱっと顔が明るくなるきれいな春色に一目惚れ。
目元はシックなかんじなので、口元にきれい色を持ってきてもOK、かな?と。

最近はこのローラアイテムがヘビーローテーション中です。
早く暖かくならないかな~。

明るい色の服を着て背筋を伸ばして歩くきたくなる・・・
気分まで変えてしまう、メイクの力はやっぱり偉大です。
[PR]
by xxyasukoxx | 2007-01-27 19:44 | コスメ

やっぱり艶が命

f0019385_1821483.jpg

梅雨に入り不快指数の高い毎日ですね。
先日、自分への誕生日プレゼントのつもりで、近くのお店でアロマフェイシャルを受けました。

一軒家の自宅の一室をサロンにしてある隠れ家のような、
アジアンリゾートを思わせるすてきなお店なんです。

オーナーさんと1対1で肌の調子などをお話してからコースを決めます。
今回はニキビ跡の赤みとざらつきをとりたいということで、
角質オフと美白のケアをいせいただきました。
角質オフと言ってもケミカルな施術ではなく、ハーブをミルで挽いて漉した粉で作ったパックで
肌の表面をうすく数層やさしく取り去るものです。

これまでニキビを治すためにとネットで奨められていた
ピーリングソープを使ったりしていましたが、
これは私のような皮膚が薄めで丈夫でない人には向いていないのだそうです。

特に春先や梅雨など気候的に免疫力が低下する時期には
あまりあれこれ特別なケアをすると、余計にコンディションが悪くなってしまうそうです。
スペシャルケアは調子のよいときに行うと、さらに肌の力が上がるのだとも。
わたし…けっこう逆のことをしていたんですけど…(-"-;)
調子が悪いとあせってあれこれしたくなるんですよね。クレイパックとか。
調子がよいときはあまり構わなくても大丈夫と、化粧水だけで寝てしまったり。
あぁ…。反省。

エステなどのようにプロの手でスペシャルケアをしていただけるのは
私の場合は年に4回くらいのもので、やっぱり朝晩365日は
自分で面倒を見なければならないのです。
当たり前のことですが、日々のお手入れが一番大切なんだよねと、思い直した次第です。

上の写真はヤフオクで購入したロクシタンのローズの香りの
バスジェルとボディクリームです。
これからの季節は肌を露出する機会が多くなるので、
ボディケアのほうもきちんとしなくては・・・。
たとえ多少のこと腕や足が太かったとしても、ツヤのある肌であれば
十分魅力的だと思います。

夏本番までもう少し。
ぬかりなく準備して参りましょう!
[PR]
by xxyasukoxx | 2006-06-25 18:21 | コスメ

コスメ補充完了!

突然ですが、旅行記の間にコスメ語りです。

化粧品って、なぜだかなくなるときが一気に来ませんか??
本日はドラッグストアのポイント3倍DAYだってなわけで、
なくなったもの、前から気になっていたものを一息に購入して参りました。
f0019385_23111860.jpg

(1)アマノドラッグにて購入したもの

①デジャヴュ ファイバーウィッグ ナチュラルブラウン ¥1,575
こちらは何度リピートしたか分からないほど愛用しているマスカラです。
「塗る付けまつげ」のCMでおなじみですね。
カンタンにボリュームが出るのもさることながら、にじみにくさと落としやすさが秀逸。
その上価格も求めやすいので、惜しみなく毎日使えるところが頼もしい限りです。

色はメジャーな黒ではなく、ブラウンを使ってます。
昼間は黒だとなんとなく、まつげだけが黒々しすぎてきつい印象になるような気がして。
さらに目力をつけたい!という時には、上から黒を重ね付けするようにしています。

②資生堂 ドラマティカルアイズ 形状記憶マスカラベース ¥1,260 ⇒30%off
DFSで買ったヘレナのマスカラ下地「スパイダーアイズ」が、そろそろダマになってきたので
何か新しいものを・・・と目にとまったのがコレ。
リニューアル以前のものを2本ほど使ったことがありましたが、久々の再会です。
お値段が安いので、ヘレナと同じようにとは望めないかもしれませんが、
ファイバーウィッグとの相性が良ければ、定番化するかも??

③ゼリア新薬工業 アポスティーローション ¥1,554 ⇒ ¥1,088
リピート3本目の、殺菌用ローションです。
とにかく吹き出物が出やすいのが悩みの種なのですが、ある日ドラッグストアで
「モデルも愛用!どうしようもない肌荒れに!」という自信満々のキャッチコピーに
引き寄せられ、まぁ安いし・・・と購入したみたところ、これがなかなかいい仕事を
してくれるんです。

エタノールが配合されているので、使用感は少しすっとします。
保湿力こそはあまりありませんが、洗顔後にまずこのローションを
水で湿らせたコットンにとって顔全体をふき取り、そしてパッティング。
最期にコットンに保湿ローションを含ませて薄く裂き、ローションパックするのが定番。
肌を清潔に保つことが美肌の基本でしょう、という原点に回帰させてくれる逸品。

こちらの「おくすりやさんCOM」にも、力強いおすすめの言葉がありました。
http://www.okusuriyasan.com/cowaosapoti.html
肌荒れが気になる方、ドラッグストアへGO!ですよ。

④KISS デュアルアイペンシル ブラック・ブラウン ¥1,050

こちらはコスメブロガーカフェ
でオススメされていたのを見て、買おうと思っていたもの。
今まで使っていた、ボーテドコーセーのアイペンシル(ブラウン&ローズ)が
持てないほど短くなってしまっていたので。ボーテドも色出しが繊細でよかったですよ。
f0019385_23112126.jpg

(2)VITAにて購入したもの

①イブサンローラン ラディアントタッチ 2 ¥5,250 ⇒ 50%off
会社近くの安売りコスメショップで、特別にいつもは取扱いのないYSLが
なんとすべて50%off!これは買いだめするしかない!
だって免税店より安いんだもん♪というわけで、2本購入。
何本もリピートしている定番商品の部分用ファンデーションなのです。

ラディアントタッチはふつうは目元や細部のコンシーラーとして使用されるものだと
思いますが、わたしはこんなかんじで使ってます。
日焼け止めの下地+目の下・小鼻・口元にラディアントタッチ
+吹き出物の赤みをボビィブラウンのブレミッシュスティックでカバー
+NARSのパウダーで押さえて・・・ベースメイク完成。

お化粧直しの時に重ねても、厚ぼったくならず、境界線も出ないところが
とっても優秀なのです。ペンタイプでかさばらないのも高ポイント。

②O.P.I トップコート ハイグロスプロテクション ¥2,100 ⇒ ¥1,050

サロンで使用されていることで有名な、O.P.Iのマニキュアトップコートです。
今使っているキャンメイクのトップコートもまだまだ残っているのですが、
今なら半額ですか、そうですか。ちなみにネイルカラーも同額でした。
O.P.Iは色出しもバリエーション豊かで、塗りやすく、持ちもよいので好きです。
しかし似たような色合いでたくさん集まってしまい、なかなか使い切れないんです。
それでもつい手が出てしまうんですよねぇ、にくいなぁ、O.P.I。
f0019385_23112487.jpg

(3)ソニープラザにて購入したもの

①ビオテルマ サンシビオH2O ¥2,900くらい
とっても優しい使い心地のクレンジングウォーターです。
会社の同僚さんが雑誌でモデルさんが愛用しているとの情報をくれ、
気になってソニプラに求めに行ったところ、目からうろこの使いやすさ。
なんといっても洗い流し不要で、そのままローション⇒美容液・・・と進めるのが◎!

わたしはまずミルククレンジングでメイクを落としてから、サンシビオを
コットンにとり、肌に残った汚れをふき取るようにしています。
(もちろんこれだけでもOKなのですが、使用量が多くなるので・・・。)
ミルククレンジングできれいにしたつもりでも、コットンにパールのキラキラや
アイシャドウが落としきれなかったのがついてくるんですよね。
きちんと落として、色素沈着を予防しましょう!

②エプリゥム ロングラッシュマスカラ ¥1,575
会社でチェックした今日の新聞(日刊工業だか日経産業だか)に掲載されていたお品。
大手化学繊維メーカーの東レが出したという、NEWマスカラです。
東レが独自に開発した「星型センイ」というのがミソで、断面積がとても小さく、
よって繊細でサパレートしたまつげに仕上がるという歌い文句です。
そしてぬるま湯で落とせるというのもよいではないか!とお買い上げ。

しかし最近は化粧品メーカー以外もコスメ分野に進出しているんですねぇ。
新開発の星型センイに期待大☆

③Dr.ブロナー&サンドッグ マジック オーガニックリップパーム ¥580
USDA(米国農務省)からオーがニック認定された、正真正銘の自然派コスメです。
ポーチに入れていたDHCのリップクリームが底をついたので、なにか・・・と
店内を見回して目にとまったものです。
「保湿だけでなくスベスベでハリのある美肌唇に」という強気なコピーと
ナチュラルグリーンのパッケージに惹かれました。

このリップにはオーガニックの紫外線防止成分も配合されているので、
これからの季節にも心強いです。唇も紫外線を受けると色がくすんでしまうそうなので。
香りはミントとレモンライムの2種類があり、わたしはレモンライムにしてみました。
すうっと清涼感のある香りで、つけるたびに気分までリフレッシュされますよ。

いやいや・・・買いも買ったり。
個々にはそんなに高価なものは使っていないんですけど、やっぱり出費がかさみますね。
しかしコスメは消耗品。継続してナンボの世界です。
一生つきあっている顔ですから、大事に大事にいたわり、育てていきたいものです。

無理に若く見せるのではなく、自然に年齢を受け入れて、
なめらかなしわを刻んでいけたら・・・そう念じて、今日もお手入れをするのでございます。
[PR]
by xxyasukoxx | 2006-04-24 23:11 | コスメ


上京して1年。さすらいOLのくらしの足跡。
カテゴリ
全体
about me
お買い物
コスメ
本の虫
雑記
パン好き
おでかけ
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧